[実践手引書]中小企業の価値向上

¥ 216,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

こちらの商品は、印刷したものを発送させていただきます。
ご購入後、到着まで10日間ほどかかる場合がございます。

Ⅰ章 今は高価格の時代?それとも低価格の時代?
1.1 高価格の商品を見てみる
1.2 なぜ高価格のものが売れているか?

第Ⅱ章 高くても売れるポイント
2.1 高くても売れるポイント
2.2 価格の上げ下げに対する、価格重要度の関係
2.3 コストパフォーマンスの意味を知ることが高くても売れることになる
2.4 顧客がほしいと思う価値要素

第Ⅲ章 中小企業の企業価値とは何か?
3.1 現在ではなく、未来どうなるかに価値がある
3.2 売上げの大小ではなく、利益が高いことが価値になる
3.3 ROIC(投下資本利益率)を高める経営が価値向上になる

第Ⅳ章 中小企業の企業価値上げる方法
4.1 売上ではなく、利益に注目をする。利益を上げる3STEP
 STEP1 会社の粗利率を上げる
 (1) 粗利率の高いものを売る
 (2) 粗利率の高いものの特徴を考える
 STEP2 価格を上げる
 (1) 価格を上げるための思考力をつけるワークをする
 (2) 自社の価格を10倍にするワークをする
 STEP3 自社の未来価値を考える
 (1)  自社の存在価値、存在意義、 他社との差別要因をしっかり考える
 (2) ビジョンをしっかり考える
 (3) 少なくとも10年計画を作る(計画必要項目)

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する