[現状把握チェックリスト]評価制度(現状把握チェックリスト16評価制度.pdf)

¥ 540

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(416104 バイト)

こちらの商品はPDFでのダウンロード商品となります。


目次

第Ⅰ章 評価の勘違い?評価制度はある方が良いのか?  [ ワーク ] 

第Ⅱ章 人事評価に対する調査結果  [ 知識取得 ] 
2.1 人事評価満足度
2.2 人事評価の不満理由は評価基準が不明確
2.3 評価の不満
2.4 評価の納得感

第Ⅲ章 人事評価の機能  [ 知識取得 ]
3.1 従業員のモチベーションを保つ
3.2 人を育てる
3.3 企業戦略の達成

第Ⅳ章 何を評価するか? [ ワーク ] 
4.1 評価項目で必要なこと
4.2 褒めるべきポイント
4.3 これから育成すべきポイント
4.4 評価制度と賃金制度

第Ⅴ章 企業が従業員を評価するさまざまな要素 [ ワーク ]
5.1 評価要素
5.2 役職ごとの評価項目
5.3 20代を成長させるためのヒント
5.4 管理職を成長させるためのヒント

第Ⅵ章 よくある、評価の勘違い  [ 知識取得 ]
6.1 会社内の困った人
6.2 なぜ困った人になってしまうのか?
6.3 上司の困った人
6.4 2000年代以降の、人事に関するさまざまな流行
6.5 影響力を評価する(影響力ある人=評価される人)
6.6 影響力をどう評価するのか?
6.7 影響力を高めるポイント

第Ⅶ章 評価者の意識すること  [ 知識取得 ] 
7.1 評価者の力量
7.2 陥りやすい評価エラー

①ハロー効果
②近接誤差
③寛大化傾向
④厳格化傾向
⑤中心化傾向
⑥極端化傾向
⑦対比誤差
⑧ステレオタイプ
⑨論理的錯誤

7.3 評価のポイント

第Ⅷ章 どう評価制度を作るか?  [ 知識取得 ] 
8.1 成果主義賃金への移行は良いか、悪いか。
8.2 経営環境変化と人材マネジメント・コンセプトの転換
8.3 人事評価制度がうまくいかない5つの理由
8.4 レッパーの実験(動機づけの報酬関係)
8.5 業務向上のための3つのステップ 
8.6 等級制度と職位制度
8.7 階層イメージと階層マトリクス
8.8 相対評価と絶対評価

第Ⅸ章 A4一枚評価制度を作成する [ ワーク ] 

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する